茨城のあさひ歯科・矯正クリニック TOP > 顎関節症とは

顎関節症とは

顎関節症ってどんな病気?

顎関節症とは、顎まわりに起こる障害の総称です。虫歯や歯列不正の影響で下顎の位置がずれ、下顎を動かしている筋肉が緊張すると違和感や痛みといった症状があらわれます。

顎_正常

顎_異常

激痛が走ることはあまりありませんが、放置すると関節円板というクッションの役割をしている部分の機能異常や関節の炎症、骨の変形を招く恐れもある怖い病気です。以下のような症状がある場合は、顎関節症を疑って一度歯科医院などで診てもらいましょう。

顎関節症の主な症状

1.顎が痛む

1.顎が痛む

口を閉じる、物を噛むときなど、顎を動かしたときに顎まわりやこめかみが痛む。

2.顎を動かすと音がする

2.顎を動かすと音がする

顎を動かしたときに耳の前あたりで「カクカク」音がする。

3.口が大きく開けられない

3.口が大きく開けられない

口を開けたときに指が2本程度もしくはそれ以下しか入らなくなる。

4.噛み合わせに違和感がある

3.口が大きく開けられない

上下の歯がうまく噛み合わない感じがする。

顎だけじゃない!~顎関節症のその他の症状~

  • 頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、肩こりなどの全身の痛み
  • 耳の痛み、耳鳴り、難聴、めまい
  • 眼の疲れ、充血、流涙
  • 歯の痛み、舌の痛み、味覚の異常、口の乾燥感
  • 嚥下困難、呼吸困難、四肢のしびれ

当院の顎関節症治療

上記の症状でお悩みの方は、顎関節症の可能性があります。当院では以下の方法で顎関節症の治療を行っています。

運動療法

上下の顎のズレを正す、口を大きく開けるなどの練習(開口訓練)を行います。

スプリント療法

顎の関節を正しい位置に誘導する「スプリント」という装置を使用します。スプリントは、噛み合わせを安定させるほか、歯ぎしりが原因でかかる顎関節や筋肉への負担を軽減させます。

理学療法

筋肉が慢性的に痛む場合は、患部を温めて症状の緩和を図ります。

薬物療法

痛みが強い場合は、消炎鎮痛薬などを用いて炎症を緩和します。

乱れた噛み合わせのデメリットを知りましょう

乱れた噛み合わせのデメリットを知りましょう

乱れた噛み合わせのデメリットを知りましょう

乱れた噛み合わせのデメリットを知りましょう

乱れた噛み合わせは見た目を損ねるだけでなく、歯磨きがしづらいことで虫歯や歯周病を引き起こす原因にもなってしまいます。また放置しておくと、発音に障害が出たり、顎関節症になったりすることも……。以下では乱れた噛み合わせのデメリットをご説明します。

乱れた噛み合わせのデメリット

発音への影響

歯並びの悪さは発音の悪さにつながります。歯並びが悪いと歯の隙間から空気が漏れ、はっきりとした発音が難しくなります。

虫歯や歯周病のリスクを高める

歯並びの悪さは、ブラッシングにも影響を及ぼします。歯が折り重なった箇所などは、歯ブラシが届きにくくなり、磨き残しが発生して虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

顎への影響

歯並びが悪いと顎の関節にかかる力が不均等になり、顎関節症を引き起こすことがあります。

消化器官への影響

乱れた歯並びで食事を摂ると、噛み切れていない食べ物を胃に送り込むことになります。結果、胃に負担がかかり胃痛や胃炎などを引き起こすことがあります。

噛み合わせの乱れは、顎関節症以外にも全身に影響を与える恐れがあります。それを防ぐ意味でも、矯正治療で噛み合わせを整えることが大切です。茨城のあさひ歯科クリニックでは、透明で目立ちにくいマウスピース矯正「インビザライン」をおすすめしています。

顎関節症かもと思った方はこちら